会長あいさつ
Greeting from the President

ごあいさつ
ロータリーは世界をつなぐ~無限の可能性~
クラブ テーマ「ロータリー深掘りしようよ!」

2019-2020年度
会長 児玉 博利

 RIマーク・ダニエル・マローニー会長は、「ロータリーは世界をつなぐ」というスローガンを掲げ、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすための繋がりを築くことを提唱しています。
 これを踏まえ、川嶋幸雄ガバナーは、「ロータリーは世界をつなぐ~無限の可能性~」とのスローガンのもと、以下6項目の地区方針と目標を掲げています。

1.会員増強への取り組み
 (1)会員の増強
 (2)入会しやすいクラブ作り
 (3)ローターアクトクラブの組織化
2.子ども問題への取り組み
3.RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)推進
4.2019-2020ロータリー賞の奨励
5.ロータリー財団の支援
6.ロータリー米山記念奨学会の支援

 上記を目標および方針を踏まえ、2019-2020宇都宮さつきロータリークラブの
基本方針を以下の通り掲げさせていただきたいと思います。

1.テーマ
「ロータリー深掘りしようよ!」
  
2.基本方針
 (1)会員増強、維持に最大限の力を傾ける
 (2)会員が有意義な活動をおくれるクラブ運営をする
 (3)例会、事業を通してクラブの質を向上させる

3.活動目標
 (1)会員増強・維持への取り組み(クラブ奉仕委員会委員会を中心に全員で取り組む)
  ①欠席が多い会員との連絡等を行うことにより出席率を高めるとともに、会員増強への取り組みを継続する。会員維持率90%、新規入会会員10名。

 (2)奉仕事業の充実(5大奉仕部門委員会)
  ①クラブ奉仕委員会
   すべての小委員会が必要な活動を積極的に行う。
   特に親睦活動を例年以上に活性化する。
  ②職業奉仕委員会
   会員卓話の継続と、具体的な奉仕事業を1つ行う。
  ③社会奉仕委員会
   新規事業を1つ新たに創設する。
  ④国際奉仕委員会
   国際奉仕事業を1つ行う。
  ⑤青少年奉仕委員会
   ローターアクト活動に参加し、RYLAへの参加者を派遣する。

(3)RLIの推進
  会長・幹事(エレクトを含む)、新入会員の参加を奨励する。

 (4)ロータリー賞の獲得(全会員の協力により達成)
  ロータリー賞および会長特別賞を受賞する
  ①会員増強委員会を全会員で構成し、委員長を国際ロータリーに報告する。
  ②会員増強および維持目標の達成。
  ③女性会員または40歳以下の会員1名の純増達成。
  ④ロータリー学友のための行事を開催する。
  ⑤RYLAに参加者を派遣する。
  ⑥奉仕プロジェクトに参加する会員数を増やす。
  ⑦年次基金への会員一人当たりの平均寄付額が少なくとも100米ドルとする。
  ⑧ロータリーポリオ撲滅活動への募金または認識向上を目的とした行事を開く。
  ⑨プロジェクトの情報をRotary.orgに投稿する。
  ⑩クラブ会員がメディアと話す機会を手配する。

 (5)ロータリー財団の支援(ロータリー財団委員会)
  ①年次基金へ150米ドルの寄付を行う。

 (6)ロータリー米山奨学会の支援(ロータリー米山記念奨学会委員会)
  ①サブ世話クラブ活動を行うとともに、19,000円の寄付を行う。

 当クラブは設立6年目を迎えました。会員一同が努力、協力し、さまざまな工夫を重ねながらここまでクラブを形作ってきました。次の5年間を見据えたとき、今までの良い習慣は残し、変えるべきものは変えるという発想が重要です。まずは、毎回の例会および事業を充実させ、会員が最大限クラブ利用することによりロータリアンとして成長することが必要だと思います。その上で上記の目標を達成することでクラブ全体の質を向上したいと考えております。
 1年間よろしくお願いいたします。

CONTACT
TEL:028-666-0128
受付時間:9:00〜18:00(日・祝除く)
お問い合わせフォーム>