会長あいさつ
Greeting from the President

ごあいさつ
奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために
クラブ テーマ「withコロナ withロータリー」

2020-2021年度
会長 葆東 雅仁

2021-22年度のシェカール・メータRI会長は「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」と掲げました。そして、第2550地区の石田順一ガバナーは「未来のクラブを描きましょう」というメッセージにおいて地区方針と目標を掲げました。
2018年4月(武田年度)においてクラブ運営の理念と方針を制定、翌2018年7月(湯澤年度)より施行しています。(ホームページにも掲載済)

<クラブ運営理念(不変の価値観)>
1.RIの方針を会の毎年の計画に反映させる
2.全ての会員が常にフラットな関係でいる
3.多様性を認めあうクラブとする

<クラブ運営方針(基本的に変化しないが、3年程度に見直す)>
1.新しいクラブとして、常に現状に甘んじることなくチャレンジしていく団体
2.外部に対してオープンである団体
3.会員主導、委員会主導の団体。会長、幹事、役員は、会員の活動を支える
4.会員間の議論が合意に達しない場合、会のルールを策定し、次回以降ルールに従った解決を図る
5.会長はRI方針を遵守し、RI2550地区方針を遵守し、当会のクラブ方針を決定する
6.会の方針は、適宜見直す
7.会の目標は、クラブセントラルに登録して、進捗を管理する

以上を踏まえ、2021-2022年度の宇都宮さつきロータリークラブ活動方針、重点施策と致します。

【活動方針】
1.商売を通じ、奉仕の心(志)で実践(行動)していくこと
2.ロータリーの活動を支援していくこと(財団・ポリオ・米山)
3.会員増強と退会防止
4.RLIの推進(次期クラブリーダーの養成)
5.RI会長賞の獲得

【重点施策】
1.会員純増3名(期首会員より)
2.ロータリー財団寄付(年次基金150ドル)
3.米山奨学会寄付(19,000円)
4.ポリオ撲滅(ポリオプラス基金30ドル)
5.My Rotary登録100%
6.オンライン例会(ハイブリット型)100%

【各委員会活動】
① クラブ奉仕委員会
  各小委員会で連携を強化、クラブ運営を滞ることがないよう運営する
② 職業奉仕委員会
  例会における外部講師及び会員卓話への対応、新たな事業の構築に向け努力する
③ 社会奉仕委員会
  継続事業への対応の他、他クラブとの協業、新たな事業の構築に向け努力する
➃ 国際奉仕委員会
  新たな奉仕事業の模索、他クラブとの協業を検討する
⑤ 青少年奉仕委員会
  ローターアクトの活動、RYLAへ積極参加を推進する
⑥ ロータリー財団
  寄付の推進及び将来の地区補助金・グローバル補助金の活用に向けて各委員会と協議を図る
⑦ ロータリー米山記念奨学会
  寄付の推進及び地区委員を支援し、次期のクラブ内カウンセラーを養成する
⑧ SAA
  例会の準備と設営、進行、撤収まで、幹事と協力して滞りなく運営する。

 終息の兆しが見えてきたポリオの一方で、想像以上に続いている新型コロナウイルスの影響はまだまだ計り知れず、留まることを知らない状況です。ワクチン接種は世界の新たな希望ですが、私たちロータリアンが出来ることは地道な活動をコツコツと継続することでしょう。そして組織の永続に必要なのは年齢、性別、立場を問わず、ロータリー活動に共感する仲間を増やすことです。様々な制限を受けながら、今までとは違った行動選択をしていくことが求められています。
全会員の事業発展と健康を守り「withコロナ withロータリー」、笑顔溢れる楽しいクラブ運営を、皆様と共に明るい未来を見据え、作りあげていきたいと考えています。

1年間、どうぞよろしくお願い致します。

CONTACT
TEL:028-666-0128
受付時間:9:00〜18:00(日・祝除く)
お問い合わせ>